寒い 時期 水虫 

寒い時期の水虫の対応はどうするのか?

冬が近づくと水虫の症状が治まりやすい。これはとてもありがたいこと。夏の痒くてつらい経験もすっかり忘れがちに、、、そのために幹部が乾燥して、カユミも引いてしまう。お?治ったのか?っと勘違いして、ラミシールを塗るのをやめてしまう人が多い。しかし、水虫自体は死滅していないために、冬眠しているので、次の年の夏になると、同じようにカユミを起こしてくる。

 

夏の高温多湿の環境で活発に増殖していた白癬菌は、冬になって気温が低く観戦してくると動きが衰える。が決して死滅していないことを注意しておかなくてはいけない。この時期に皮膚を調べると、血行菌が見つかることがあるので、この活動が鈍っているときこそ、しっかりとラミシールを欠かさず塗ることで、完治、それから再発予防につながるのです。

 

後、どうしても冬になるとブーツなどを履きやすい、そうなるとむれやすいので、ぎゃくに水虫が起こりやすい人、女性などもいるので、ちょっとしたケアもしないといけませんね。