白癬菌が爪の間に

水虫は、趾の間だけでなく、爪の間にも多るそうです。
もともと水虫は、爪白癬が合併することで真菌というカビにより発症します。

 

自分が水虫に悩まされるようになり、初めて知りました「白癬菌」。

 

この白癬菌が、爪の間に入り、悪さをしてくるのを爪白癬といいます。

 

爪が感染することで、発症がドンドンと活発になります。

 

爪水虫は、汗の量が多いところ、それから湿度の高いところで発症しやすいと割れています。
そのために、足の指先に爪水虫が起こりやすいとされています。

 

本来、白癬菌は爪の角質に定着するものなんですが、早めの治療をすることですぐに治すことができます。
しかし、放置しておくことで、次第に厚みが増し、先端が欠けてギザギザになり、爪の周りに皮膚が食い込み、巻爪にりやすくなります。

 

この状態がドンドンと進行することで、爪白癬の症状が悪化してしまいます。

 

そのために、気づいた治療を行うことが大切になります。

 

 

治療としては、白癬菌を死滅させるためにラミシールが効果的になります。
しかし、ラミシールにも2種類あり、軽度の症状の場合にクリームを使い、爪水虫の場合は飲むタイプが効果的になります。

 

ただし、効果が強いぶん、副作用が起こりやすいために、まずはクリームタイプで、副作用が起こりにくいのを試すのもひとつの手段だとされています。